So-net無料ブログ作成
検索選択

医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)

 全国医学部長病院長会議(会長=小川彰・岩手医科大学長)はこのほど、医学部の新設と急激な定員増に慎重な対応を求める要望書を鳩山由紀夫首相らにあてて提出した。臨床教員が不足している現状で、地域医療の中核を担う30-40歳代の病院勤務医が教員になれば、医療崩壊に拍車を掛けるとして、新たに医学部を増設することは「百害あって一利なし」と訴えている。

 要望書では、経済協力開発機構(OECD)平均の医師数(人口10万人当たり300人)を目指している国の方針に賛意を示し、医学部の定員増についても「十分な財政的支援」の下、今後も協力するとしている。その一方で、医学部の新設と急激な定員増は医療崩壊をさらに悪化させ、国民福祉を後退させる可能性もあると警鐘を鳴らしている。

 また、同会議の調査を基に、1つの医学部の運営には1大学当たり647.5人の臨床教員数が必要と説明。全国の病院勤務医数(大学病院を除く)は10万人当たり95.8人(2008年12月現在)で、人口100万人規模の都道府県の勤務医数は約960人となるため、この3分の2以上の医師が現場からいなくなるとしている。
 さらに、6年後にはOECD平均の医師数に達し、10年以内に世界一になった後も増え続けることになると指摘。設備投資に多大な資金を投入し、教育者を雇用した後の定員削減は容易ではないとしている。


【関連記事】
佐藤医療課長「DPCも競争の時代に」
診療に従事する大学院生、雇用契約なしが38.1%
新臨床研修制度「トップランナーが育たない」―嘉山氏が講演
大学病院の診療報酬「劇的に改善する」―鈴木文科副大臣
基幹型病院の指定継続、12年度の研修医募集まで

雑記帳 さあ、みんなで「レッサーパンダ体操」を(毎日新聞)
<核軍縮>超党派議員204人、米大統領支持の書簡(毎日新聞)
ベネッセHD、ボンセジュールを傘下に―低価格帯ホーム拡大へ(医療介護CBニュース)
警察官引きずりオートバイ逃走=軽傷、標識を無視−東京(時事通信)
首相動静(2月17日)(時事通信)

<鳩山首相>カレーライス食べ、新人議員らと懇談(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日、首相公邸で民主党の新人衆院議員ら14人と、昼食にカレーライスを食べながら懇談した。首相は「今よりも、新しい政治を求めて自民党を飛び出し、(93年に)新党さきがけを作ったころが一番の醍醐味(だいごみ)だ」と、若手時代を振り返った。

 民主党は昨年夏の衆院選で143人の新人議員が誕生し、新人教育は小沢一郎幹事長や山岡賢次国対委員長らが仕切っている。首相は昨年12月にも、新人議員と昼食会を開いたが、今回は新人を10班に分けて、少人数で会食する。首相の求心力を高める狙いもありそうだ。【竹地広憲】

【関連ニュース
鳩山首相:米「アショカ財団」創設者と意見交換
鳩山首相:「政治とカネ」で小沢幹事長に電話
普天間移設:名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」
鳩山首相:共産党の志位委員長と会談
党首討論:「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相

産経新聞iPhone版をヱビスビールが“ジャック”(産経新聞)
<ハイチ大地震>陸自医療援助隊の100人帰国し解組式(毎日新聞)
【探訪 生物多様性 支え合ういのち】新潟県佐渡市 トキ(産経新聞)
<石川知事選>現職、新人の4人が立候補(毎日新聞)
<五輪フィギュア>小塚選手に声援 中京大キャンパス(毎日新聞)

<火災>2幼児、遺体で発見 東京・練馬のアパート(毎日新聞)

 17日午後6時ごろ、東京都練馬区三原台2の木造アパート「コーポ三原台3」2階の一室から出火し、同部屋の37平方メートルを焼いた。警視庁光が丘署や東京消防庁によると、焼け跡から幼児2人の遺体が見つかった。同署は、この部屋に住む男児(3)と女児(2)とみて身元の確認を急いでいる。また、母親とみられる女性(24)が0歳の男児を抱え自力で避難したが、けがをしており、病院に搬送された。同署は出火原因を調べている。

 近所の住民によると、家族は5人暮らしで、女性の夫は不在だった。女性が乳児を抱いて部屋から飛び出してきて、「まだ中に子どもが2人いる」と泣き叫んでいた。女性は部屋に戻ろうとしたが、火炎が激しく、近所の人が止めた。女性は「押し入れから火が出た」と話していたという。

 現場は西武池袋線石神井公園駅の北約1.5キロの住宅街。【山本太一、松谷譲二】

【関連ニュース
火災:住宅が全焼 82歳と79歳の夫婦死亡 三重・松阪
火災:大阪府立大学の部室棟燃える けが人はなし
火災:民家焼け、71歳女性が死亡 東京・世田谷
火災:大阪・都島区のアパートで朝火事 男性2人死亡
火災:宮崎・都城で住宅全焼 2人焼死

ぶらぶら散歩 女性に人気 身近な発見楽しみに(産経新聞)
既婚者の別姓移行、施行後1年以内に=婚姻後変更は認めず−民法改正案(時事通信)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
<普天間移設>平野官房長官、沖縄知事に県内移設も示唆(毎日新聞)
【いきいき】NPO法人フード・サイエンス・ファクトリー代表 佐々木ゆりさん(産経新聞)

<設標船ほくと>最後のブイ交換作業を終える 引退へ(毎日新聞)

 第3管区海上保安本部(横浜)の設標船「ほくと」(619トン、中山光正船長)が18日、来月の解役を前に最後の灯浮標(ブイ)の交換作業を終えた。

【写真特集】最後のブイ交換作業や東京湾中の瀬での設標作業、観閲式に参加した様子など

 ほくとは、航路標識のブイの設置や交換をするために建造された設標船で、1979年3月に進水、同年6月に就役した。就役以来、北海道から神戸にかけての日本各地の約1万基のブイの設置作業を行い、地球12周分に相当する約51万キロを航行した。塗料やブイを係留するチェーンの改良で交換周期を2年から4年に延ばすことが可能になったことや、設標船で作業できない浮体式灯標が増えて使用する機会が減ったことから、老朽化したほくとは引退することになった。

 最後の作業は、川崎市川崎区東扇島沖にある川崎航路第4号灯浮標の交換で、外径2.6メートル、重さ6トンのブイを約30分で交換した。

 海上保安庁には代替設標船の建造計画はなく、今後のブイの交換や設置作業は民間に委託して行うことにしている。【米田堅持】

【関連ニュース
【写真特集】海保観閲式でサミット想定訓練を披露 創設60周年、高円宮妃が皇族初参加
【写真特集】昨年は海保観閲式は荒天で1日目を中止し巡視船を一般公開

<訃報>浅倉久志さん79歳=翻訳家(毎日新聞)
<詐欺>山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(毎日新聞)
予算、年度内成立へ…中央公聴会を24日開催(読売新聞)
<10年度予算案>野党共闘、機能せず 年度内成立へ(毎日新聞)
<雑記長>120年前沈没のトルコ軍艦に明治天皇寄贈の遺品(毎日新聞)

<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)

 MOTTAINAIキャンペーン名誉会長でノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさん(69)の国連平和大使就任と旭日大綬章の受章を祝うパーティーが17日、東京新宿区の京王プラザホテルで開かれた。

 パーティーには、ケニアのオディンガ首相や、在日アフリカ外交団副団長であるセネガルのサア駐日大使ら約150人が出席。毎日新聞社の朝比奈豊社長は「マータイさんは05年2月に東京編集局長との対談で『もったいない』という言葉に触れ、国際語として広めようとキャンペーンが始まった」とあいさつ。マータイさんは「『もったいない』という言葉で、かけがえのない地球を次世代に引き継ぐ運動を世界に伝えたい」と話した。

 一方、マータイさんは同日、天皇、皇后両陛下と皇居・御所で懇談した。両陛下がマータイさんと会うのは初めてで、懇談は約1時間に及んだという。

ACSA交渉開始を確認=岡田外相、ラッド豪首相と会談(時事通信)
放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)
<長浜市長選>前衆院議員の藤井勇治氏が初当選(毎日新聞)
<雑記帳>横浜港に停泊のフェリーで青森県の物産展(毎日新聞)
【教育】「文化学院」院長就任 与謝野馨氏に聞く 「実力あれば生き抜ける」(産経新聞)

「火消し役、終えた」漢字検定協会の鬼追理事長が退任へ(産経新聞)

 財団法人日本漢字能力検定協会(京都市下京区)をめぐる背任事件で辞任した前理事長の後任として、協会の改革を進めてきた鬼追明夫理事長(75)が、任期満了の3月末で退任する意向であることが18日、分かった。協会によると、13日に開かれた理事会で明らかにした。鬼追理事長は「自分は火消し役として理事長の仕事をやり終えた」と退任の理由を話しているという。

 新しい理事長は、3月末までに理事の互選で決める。

 鬼追理事長は弁護士で、日本弁護士連合会会長や整理回収機構社長などを歴任。協会をめぐる背任容疑事件で起訴された前理事長の大久保昇被告(73)の後を受け、昨年4月に理事長に就任した。

 前正副理事長時代の関連会社との不透明な取引の解消や、理事、評議員会の人事刷新、検定料の引き下げなどの改革を進めた。

【関連記事】
今年の漢字発表、清水寺・森清範貫主「新たな心で生まれ変わって」
川端文科相、漢検協会の再建「国民の期待に応えて」
漢検本部ビルの賃貸借契約を解除 前理事長側が賃料不払いを理由に
漢検、問題集などの著作権確認求め提訴 大阪地裁
個人で商標料3000万円! 「数検」理事長親子が君臨した人気検定の裏側

「競馬ミステリー」ディック・フランシス氏死去(読売新聞)
寛仁さまが退院(時事通信)
「隠れ天下り」ポスト廃止へ=独法と特殊法人の嘱託職員−総務省(時事通信)
小沢氏「参政権法案、首相は多分やる」(産経新聞)
奈良・中宮寺跡 塔の心柱建てたやぐらの柱穴が出土(産経新聞)

源純夏氏が自民公募に応募…参院選徳島選挙区(スポーツ報知)

 競泳のオリンピックメダリスト・源純夏氏(30)が13日、自民党徳島県連が実施している夏の参院選徳島選挙区(改選数1)の候補者公募に応募し、会見を行った。源氏は「いつか政治の道をと思っていた。スポーツの分野にかかわり、女性や地方のために取り組みたい。これからの若い力としてアピールしていきたい」と抱負を語った。

 2000年のシドニー五輪では、女子400メートルメドレーリレーでアンカー(自由形)として銅メダルを獲得した源氏。01年に現役を引退し、現在は水泳インストラクターや徳島県水泳連盟理事を務めていて「私にとってこの応募、結果はどちらにしても、政治に挑戦する大きな一歩と位置付けています。なので、緊張したぁ〜」と、公式ブログに素直な気持ちをつづっている。公募には現職の小池正勝氏(58)、元衆院議員の七条明氏(58)ら8人の応募があった。

 【関連記事】
源純夏氏「女性や地方のため」自民公募に応募
源純夏 徳島選挙区 シドニー五輪 調べる

関東に雪、都心でうっすら積もる(産経新聞)
HIV感染者減る!新型インフルで関心薄れ?(読売新聞)
小沢一郎政治塾「税金で側近育成」との批判も(読売新聞)
宇宙飛行士の野口さん同僚ソリ開発「次もぜひ」…リュージュ(スポーツ報知)
「元交際相手の少年に刺された」と重傷男性 石巻3人殺傷、少年2人を送検(産経新聞)

夫婦別姓「私も党も反対だ」と亀井金融相(読売新聞)

 国民新党代表の亀井金融相は15日の衆院予算委員会で、政府が検討中の選択的夫婦別姓を導入する民法等改正案について「私は反対だ。国民新党も反対だ」と述べた。

 「国民新党が合意しなければ閣議にかけることはできない」とも強調し、基本政策閣僚委員会などで法案の国会提出に反対する考えも示した。亀井氏は反対の理由に関し「身も心も一緒になりたいのが結婚の心情。家族の絆(きずな)を大事にしていく中で、夫婦別姓を取り上げなくてはならないのか」と語った。

 一方、民主党が公共事業予算の「個所付け」の情報を都道府県連に流していた問題で、共産党の穀田恵二氏は個所付けの公表のルール化を求めた。前原国土交通相は「今回の反省も含め整理したい」と、前向きに検討する考えを示した。

<火災>住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
米子自動車道で正面衝突=3人死亡、4人けが−鳥取(時事通信)
【決断の日本史】(19)862年 黒石寺「蘇民祭」(産経新聞)
毎日記者らの賠償確定 連載記事で名誉棄損(産経新聞)
薬害防止の第三者委員会設置へ=作業部会が合意−厚労省(時事通信)

「意図的な虚偽報告ない」を撤回=会見発言は誤解−石川議員が談話(時事通信)

 政治資金規正法違反罪で起訴された民主党の石川知裕衆院議員は10日、北海道帯広市で9日に行った記者会見の内容を一部撤回する談話を発表した。
 石川議員は会見で「意図的に虚偽の収支報告をしたことはない」と発言したが、談話は「記者会見でのコメントが誤解を招いた。私が収支報告書に不適切な記載をしたことについては深く反省している」とした。さらに、「建設会社等から不正な金銭を受領したことは一切ない。このことを強調したかっただけだ」と説明した。 

<全日空機>副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半(毎日新聞)
街中で人相ピタリ 5年逃走の男逮捕(産経新聞)
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?(医療介護CBニュース)
<訃報>玉置宏さん76歳=名司会「1週間のごぶさた…」(毎日新聞)
<タクシー>「初乗り500円」2社の申請却下 近畿運輸局(毎日新聞)

大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞)

 14日午前5時30分頃、大阪市都島区都島中通2のアパート1階から出火、木造2階建て290平方メートルのうち、200平方メートルを焼いた。

 この火事で、住人とみられる男性2人が死亡、1階の女性(73)が煙を吸って病院治療を受けている。都島署が男性2人の身元の確認を急いでいる。

 発表によると、男性1人は2階で、もう1人は階段付近でそれぞれ見つかった。アパートは16室あり、1階3世帯、2階に6世帯が入居している。

 現場は、JR京橋駅の北約400メートルの住宅街。

ワシントン“凍結” 米東部中心に記録的積雪(産経新聞)
塀に落書きの大阪府職員を減給処分(産経新聞)
75歳女性を降ろし忘れて車庫へ 8時間後、始発で救出 阪急バス(産経新聞)
「怖くなって逃げた」 青森県の女子高生の自殺手助け 容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
12日に集中審議=衆院予算委(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。